【動画】ユヴェントスがホームでローマを下す…ベナティア弾で1-0決着/セリエA第18節

コメント
セリエA第18節の大一番、ユヴェントスvsローマは18分に決まったベナティアのゴールがそのまま決勝点となった。

■セリエA第18節
ユヴェントス 1-0 ローマ

得点者
ユヴェントス:ベナティア(18分)

23日、セリエA第18節ユヴェントスvsローマの一戦が行われた。

ここまで勝ち点41のユヴェントスは2位に付けている。一方のローマは勝ち点38の4位だが、同じ節でインテルが敗れたためこの試合で勝利すれば3位に浮上する。

首位ナポリを追う上位対決の一戦は、ユヴェントスホームながら、ローマがボールを支配する時間が目立つ展開に。

だが、ローマはボールを持たされている状況で、なかなかシュートチャンスまで持ち込めず。対するユーヴェは機を見たカウンターで何度となくローマゴールを脅かすという構図になった。

先制ゴールが入ったのは18分のこと。CKからジョルジョ・キエッリーニがヘディングで合わせ、そのディフレクトをメディ・ベナティアが押し込んでユヴェントスが先制した。

その後もユヴェントスはシュートチャンスを迎えるも、追加点を奪うことができず1-0でハーフタイムを迎えた。

1点を追うローマはパトリック・シック、ロレンツォ・ペッレグリーニを投入して流れを引き寄せようとする。その後ラジャ・ナインゴラン、アレッサンドロ・フロレンツィらが決定機を迎えるも、いずれもネットを揺らすことができなかった。

試合はこのまま1-0でフルタイムを迎え、ユヴェントスがホームで勝ち点3を奪取。勝ち点を44に伸ばし、3位インテルとの勝ち点差を4に広げた。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“ロマニスタ”公言のマルセイユ指揮官ガルシア、ELラツィオ戦は「特別な試合」
次の記事:
元ミランSD、昨夏の取引を後悔「ドンナルンマ兄弟をセットで獲るべきでなかった」
次の記事:
古巣マンチェスター・Uへの苦言が止まらないスコールズ氏「たとえメッシが来たとしても…」
次の記事:
南野、堂安、中島。輝いた新世代とロシア組との絶妙な“化学反応”の理由
次の記事:
「イニエスタとトーレスは日本でどうしている?」英メディアがJリーグでプレーする両選手を特集
閉じる