ベガルタ仙台、DF常田克人が復帰…今夏より大分に期限付き移籍

コメント()
J.LEAGUE
ベガルタ仙台は、DF常田克人が大分より復帰することを発表した。

ベガルタ仙台は19日、大分トリニータに期限付き移籍していたDF常田克人が復帰することを発表した。22日のトレーニングより合流する予定だ。

19歳の常田は、2016年に青森山田高校から仙台に加入。仙台では、昨季の天皇杯で1試合、今季のJリーグYBCルヴァンカップで1試合に出場。その後、8月にJ2の大分に期限付き移籍で加入したが、J2リーグでの出場機会はなかった。

期限付き移籍満了にあたり常田は、大分公式サイトを通じて「約4カ月間ありがとうございました。なかなかチームの力になることはできませんでしたが、違うチームでプレーしたことで選手として貴重な経験を積むことができました。この貴重な経験ができたのもスタッフの方、選手の皆さん、そしてファン・サポーターの温かいサポートがあったからだと思っています」と感謝の言葉を述べている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる