プレミアリーグ行きのうわさに長友佑都が言及「自分を欲してくれるチームがあるのは光栄」

コメント()
AA
ガラタサライで奮闘を続ける長友佑都が、自身のプレミアリーグ行きのうわさについて語っている。

ガラタサライに今季限りのレンタルで加わった日本代表DF長友佑都。同選手にはプレミアリーグ行きのうわさが浮上しているが、長友本人がSNSを通して自身の移籍話に言及した。

長友は現地時間1日に自身の『twitter』で「プレミア?自分を欲してくれるチームがあるのは光栄なこと。でも未来の誰にも分からない話ししたって無駄なだけ。俺の心と身体は今このチームにある」とツイート。

ガラタサライに期限付き移籍を果たして1カ月経過したが、今季終了後には契約満了でインテルに戻る見通しになっている。長友はインテルと2019年6月まで契約を結んでいるものの、現地メデイアの報道によると今夏、ファイナンシャル・フェアプレーの事情もありインテルは長友売却に踏み切るのではないかと伝えられていた。そこでワトフォード、ウェスト・ハムが長友獲得に関心を示しているとのうわさも浮上している。

2018年1月、ロシア・ワールドカップを前にして出場機会を求めてガラタサライに新天地を求めた長友。プレミア行きのうわさは本人の耳にも入っているようだが、契約満了までガラタサライで全身全霊を傾ける意向を示している。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ネイマール、ペレのダイブ批判についに返答「リスペクトするが納得はしない」
次の記事:
ナポリ指揮官アンチェロッティ、主力欠場でも上位に勝利で自信「何かが起きるはず」
次の記事:
【LIVEテキスト速報します】森保ジャパン、いざ頂きへ!日本代表vsサウジアラビア代表
次の記事:
イングランド代表での時間を楽しむサウスゲート「名誉に思うし、特権的ポジション」
次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
閉じる