ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

「プレミアのレベルにない」武藤嘉紀をニューカッスルファンが酷評…

7:30 JST 2019/10/01
2019-09-30-muto

今季プレミアリーグ初先発を飾ったニューカッスルFW武藤嘉紀だが、サポーターはそのプレーに落胆を隠せないようだ。英『HITC』が伝えている。

29日に行われたプレミアリーグ第7節で、レスターと対戦したニューカッスル。直近公式戦4試合で勝利のない(2勝2分)中で、スティーブ・ブルース監督は武藤をリーグ戦で初めて先発起用。サプライズ抜擢した日本代表アタッカーにチームの活性化を託した。

しかし武藤は、14分に訪れた絶好機を逃し、シュートは「0」。タッチ数はわずか「10回」と、ほとんど見せ場を作れず。前半終了間際に中盤のアイザック・ヘイデンが一発退場したことに伴い、前半のみのプレーでベンチへ下がった。チームはその後大量失点を喫し、0-5と大敗している。

好調レスターとのアウェイゲームという難しい試合で存在感を放つことができず、チーム事情から45分間のプレーのみにとどまった武藤。ファンは27歳FWに対し、SNS上で辛辣な言葉を綴っている。

「ゴールする力もアシストする力もない」「どっちのサイドでプレーしてるの?」「ムトウはプレミアリーグのレベルにない。軽すぎて、タックルもパスもできず、得点もない」「チャンピオンシップ(英2部)がベストだろう」「役に立たないな」

これでニューカッスルは1勝2分け4敗、降格圏の19位に沈んでいる。チームの不甲斐ない戦いにストレスを溜めるサポーターは、武藤を槍玉に挙げている。

2018年に900万ポンドの移籍金でニューカッスルへ加入した武藤だが、これまでリーグ戦では21試合の出場に留まり、得点はわずかに1点のみ。チームとともに苦しい状況が続いている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です