ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ブンデス1部初得点の浅野拓磨がマン・オブ・ザ・マッチに!「多くの攻撃的プレーに関与」

18:41 JST 2017/11/27
2017-11-25 Asano Stuttgart
ハノーファー戦では最前線でスタートした浅野は先制弾を記録。

シュトゥットガルトFW浅野拓磨は24日、ハノーファー相手にブンデスリーガ1部初ゴールをマーク。ドイツ誌『キッカー』ではこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

ブンデスリーガ第13節でついにその瞬間が訪れた。24分に相手GKがシュトゥットガルトの主将MFクリスティアン・ゲントナーが放ったシュートを前方へと弾くと、こぼれ球を浅野が押し込み先制点を記録。試合は結局1-1に終わるも、同選手はチームの今季アウェー戦初の勝ち点1の獲得に導いている。

そして、この一戦での浅野のパフォーマンスに対する現地メディアの評価も高かった。27日付の『キッカー』は、73分の交代までセンターFWのポジションでプレーした同選手にチーム単独トップの「2」をつけ、さらにMOMにも選出している。「浅野拓磨は得点者、そして機敏なコンビネーション・プレーヤーとして、多くの攻撃的プレーに関与し、シュトゥットガルトの勝ち点1獲得に大きく貢献した」との寸評が記された。

同誌のマッチレポートでも、「攻撃的ポジションにおいて、とりわけ浅野や(ベルカイ・)エッジャンが(相手)より高い機敏性やスピードを発揮した」と言及。前半のシュトゥットガルトが優勢に立った一つの要因として挙げられている。

次節ではブレーメンと対戦し、敵地での連戦が続くシュトゥットガルト。ハンネス・ヴォルフ監督は浅野を再び最前線で起用するのか、注目されるところだ。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。