ブッフォン、涙の代表引退…W杯出場逃し「こんな最後は望んでいなかった」

コメント()
2017-11-14-italy-buffon
(C)Getty Images
スウェーデン戦後人目を憚らず涙を流したブッフォン。あまりにも悲しい最後となってしまった。

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、スウェーデン戦を最後に代表から引退することを明かした。

イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでスウェーデンと対戦。敵地での初戦を0-1で落としていただけに、勝利が最低条件となっていたが、サンシーロでイタリアはゴールを割れず。スコアレスドローで終了し、イタリアはロシア行きを逃した。

試合後には人目を憚らず涙を流したブッフォンは、イタリア『RAI TV』のフラッシュインタビューに応じ、代表引退を発表した。

「申し訳ない。(引退は)遅かれ早かれ起きうることだ。でもイタリア代表としてこんな最後は望んでいなかった」

Goal 50 発表- 世界最高の選手トップ50

「(ジャンピエロ)ヴェントゥーラが唯一批判されるべき人間ではない。我々全員に罪があり、責任がある。フットボールとはそういうものだ」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる