ブッフォン、涙の代表引退…W杯出場逃し「こんな最後は望んでいなかった」

最終更新
コメント()
スウェーデン戦後人目を憚らず涙を流したブッフォン。あまりにも悲しい最後となってしまった。

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、スウェーデン戦を最後に代表から引退することを明かした。

イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでスウェーデンと対戦。敵地での初戦を0-1で落としていただけに、勝利が最低条件となっていたが、サンシーロでイタリアはゴールを割れず。スコアレスドローで終了し、イタリアはロシア行きを逃した。

試合後には人目を憚らず涙を流したブッフォンは、イタリア『RAI TV』のフラッシュインタビューに応じ、代表引退を発表した。

「申し訳ない。(引退は)遅かれ早かれ起きうることだ。でもイタリア代表としてこんな最後は望んでいなかった」

「(ジャンピエロ)ヴェントゥーラが唯一批判されるべき人間ではない。我々全員に罪があり、責任がある。フットボールとはそういうものだ」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
若きJリーガーのベストイレブンを決める『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD』の開催が決定!!
次の記事:
四つ巴のJ2優勝争い、PO圏は残り2枠を3チームが争う大激戦。最後に笑うのはどのクラブだ!
次の記事:
最下位フラム、“ミラクルレスター”の立役者・ラニエリ新監督で復調なるか 「チームに最も必要なのは守備」
次の記事:
エリクセン、ネーションズリーグで激突のベイルを警戒「世界最高に限りなく近い」
次の記事:
ライバルに敗れるも...ヴァーグナー「バイエルンが圧倒的ベストチームだ」
閉じる