フランクフルト鎌田大地、初ゴールは「すごく欲しかった」…1G3Aにも反省点挙げる

最終更新
コメント()
ついに鎌田大地が初ゴールをマーク。鮮烈な活躍を見せながら、反省点を語っている。

フランクフルトに所属するMF鎌田大地が初ゴールの喜びを語ってくれた。

フランクフルトは6日、練習試合で4部のFSVフランクフルトと対戦。テストマッチでありながら、4万人がホームスタジアムに詰めかけ、チームを後押しした。先発出場した鎌田はゴールを挙げるなど1ゴール3アシストの活躍で、5-2の勝利に大きく貢献している。

鎌田は試合後、初ゴールについて「僕自身すごく欲しかったので」と待望の瞬間であったことを認める。一方で、4ゴールに絡みながらまだまだ反省材料があったことも明かした。

「ミスも最後は多々あったので、もう少し修正できたらと思います。チームとして流れが悪いタイミングで、前へ急いで、ボールを裏に出して取られたりだとか、イージーなものでしたね。試合の流れも読みながらやっていかないとダメだなと思いました」

大きな結果を残しながら、まだまだ上を見据える鎌田。まもなく開幕するブンデスリーガで結果を残せるか注目が集まるところだ。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ヴェンゲル氏、アーセナル指揮官退任後の生活一変に「喪失感に苛まれた」
次の記事:
伊藤達哉の状態に先輩・酒井高徳が言及「彼はこういう時期を味わったことがないので…」
次の記事:
森保監督の“待ち人”新時代GKシュミット。その足技はフィールドプレーヤー時代に磨かれた
次の記事:
壁にぶつかった?4戦連発ならず、南野拓実「今回のことが勉強に」 試合前トラブルでの車中では…
次の記事:
「仕事ができなかった」ベネズエラ戦で途中出場の原口元気、森保監督からの指示は…
閉じる