ニュース ライブスコア
セリエA

フィオレンティーナ指揮官モンテッラ、リベリに賛辞「彼は常に試合を決定づける選手」

19:00 JST 2019/09/30
Vincenzo Montella
フィオレンティーナのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、フランク・リベリを称えたほか、古巣のミランについてコメントした。

フィオレンティーナの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが29日のミラン戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、勝利に歓喜した。

フィオレンティーナは29日、セリエA第6節でミランと敵地で対戦すると、14分に獲得したPKをエリック・プルガルが沈めて先制。55分にフランク・リベリに対する悪質なファウルでマテオ・ムサッキオが退場し、数的有利に立ったフィオレンティーナは、ガエターノ・カストロヴィッリ、リベリの得点でさらにリードを広げた。80分に1点を返されたが、サンシーロで3-1と勝利を収め、2連勝を飾った。

今シーズンからフィオレンティーナでプレーする元フランス代表MFフランク・リベリには、交代の際にミランのサポーターから温かい拍手が送られた。フィオレンティーナ指揮官も元バイエルン・ミュンヘンMFを称えた。

「今日は彼にふさわしい夜だった。5~6年前の彼とは違うかもしれないが、それでも素晴らしい。並外れた能力を持ち、常に試合を決定づけることができる選手であると言える」

■ミラン戦は「リベンジではない」

2016年夏からミランを率い、翌シーズン途中に解任された苦い経験を持つモンテッラは、かつての本拠地でもぎとった勝利を喜んだ。

「完璧な試合ではなかったが、サンシーロの5万人の観客を前にミランを倒すことができた。非常に満足している。苦い思い出? いや、ここで勝てたことへの満足感しかない。ミランにリベンジする気持ちは全くなかった。当時は経営陣も違ったからね。(ミランでの経験は)素晴らしい経験だったよ。ミランで指揮を執るチャンスを与えてくれた(元CEOのアドリアーノ)ガリアーニや(マルコ)ファッソーネには感謝している」

モンテッラの古巣であるミランはこれで3連敗。サポーターは試合終了を前にスタジアムを後にして抗議の意思を示した。フィオレンティーナ指揮官は古巣に同情を寄せた。

「確かに厳しい。だが観客席から抗議の笛が吹かれる状況は、誰にとっても簡単ではない。ミランのことは残念に思う。私が過去に指導した選手もたくさんいる。だが今は移行の時期と言える」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です