ニュース ライブスコア
ラ リーガ

ビジャ「当時アーセナルへ行くものだと…」2013年夏、プレミアリーグ行きが間近だったと回顧

10:30 JST 2020/02/29
David villa fc barcelona 31052013
昨季限りで現役引退したビジャが、バルセロナから去る2013年、アーセナル行きが間近に迫っていたと明かしている。

2019年シーズン限りで現役を引退した元スペイン代表FWダビド・ビジャが、かつてプレミアリーグ行きが間近に迫っていたことを明かしている。

ビジャはイギリス『BBC』のインタビューを通して「実は(アーセン)ヴェンゲル率いるアーセナルへの移籍が近づいていた」と、エピソードを明かしている。

「2013年、当時アーセナルへの移籍がほぼ確定的になっていたんだ。何度も話し合ったし、契約はもう90%決まったものだと思っていたね」

「だけど結局それは実現しなかった。アトレティコ(マドリー)からの打診があって、そこから一気に状況が変わった。3~4日で一気にひっくり返ったんだ」

ビジャは一時、アーセナル行きが迫っていたと明かしつつも「結果的にアトレティコに行ったけど、この選択は間違っていなかったと思う。もちろんリーグ戦で優勝(13-14シーズン)できたという理由だけでなくね」と、スペインに留まったことが正解だったと回顧している。

「もちろん、いつかイングランドでプレーしたいとは思っていた。ただ、結果的には実現しなかったね。もしその時プレミア行きを決断していたらどうなったかは分からない」

ビジャは2013年夏、バルセロナからアトレティコ・マドリーへの国内移籍を果たしたが、この時アーセナル行きが有力な選択肢となっていたようだ。13-14シーズンはアトレティコでリーガ制覇を経験し、ビジャは1年で同チームを退団。

その後、ニューヨーク・シティFC加入後、系列チームであるオーストラリアのメルボルン・シティへの短期レンタルも経験したが、2014年夏~2018年シーズンまでMLSでプレー。2019年シーズンはJ1のヴィッセル神戸に籍を置き、その後1年でスパイクを脱いだ。

ビジャは現役時代、スペイン、アメリカ、オーストラリア、日本と4カ国でプレーし引退した。実現こそしなかったが、一時はイングランドでプレーするという選択肢もあったようだ。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です