ビエット、バレンシア移籍で爆発...42メートル弾含むハットトリックの活躍

最終更新
コメント()
Valencia CF
今冬アトレティコ・マドリーから加入

バレンシアFWルシアーノ・ビエットが、ついに“ゴールの呪縛”から解放された。

バレンシアは9日のコパ・デル・レイ5回戦第2戦でラス・パルマスと対戦した。ビエットの3得点などで4-0と勝利を収め、2試合合計スコア5-1でベスト8進出を決めている。

今冬の市場でアトレティコ・マドリーからバレンシアに移籍したビエットは移籍後初ゴール。66分には、相手GKラウール・リソアインが前に出ていたのを見逃さず、およそ42メートルの距離からロングシュートを放ち、ネットを揺らした。

ビエットはセビージャに所属していた2016年12月21日のコパのベスト32第2戦フォルメンテーラ戦以降、1年以上無得点が続いていた。だがバレンシア移籍後2試合目にしてハットトリックの活躍を見せ、71分に交代でベンチに下がる際には本拠地メスタージャの観衆からスタンディングオベーションを受けている。

ビエットは試合後、「1年間ノーゴールが続いて、いきなりハットトリックだからね...。これを説明するのは難しいよ」と語った。スペイン移籍1年目にビジャレアルで強烈なインパクトを残したストライカーが、復活している。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
第1節レアル戦以来の先発果たした柴崎岳、巧みな飛び出しでヘタフェの決勝点を導く!/リーガ第16節
次の記事:
勝てばレアル・マドリー戦の鹿島、ピンチ続きの前半を1点ビハインドで折り返す
次の記事:
宮市亮、今季2ゴール目の価値ある追加点で勝利に貢献…完全復活へ狼煙
次の記事:
「手袋を投げて止められないものか…」世界最高峰のフリーキッカーとなったメッシをGKたちが解説
次の記事:
鹿島、クラブW杯初戦に臨むスタメンを発表!昌子、内田が先発…勝てばレアル・マドリー戦
閉じる