パウリーニョ、バルサ移籍に「夢が実現した」...批判にも「問題なくプレーできる」と自信

コメント()
Barcelona
52億円で夢の移籍が実現したブラジル代表MFは、独自のスタイルを持つクラブでプレーだけの能力があると語った。

広州恒大からバルセロナに移籍したMFパウリーニョは、入団会見でバルセロナ独自のスタイルにフィットできると自信をのぞかせている。

バルセロナは先日、4000万ユーロ(約52億円)で中国で活躍していたパウリーニョを獲得し、4年契約を結んでいる。トッテナムでインパクトを残せなかった同選手の獲得には多くの疑問の声が上がっていたが、欧州に再挑戦するブラジル代表MFはその批判を覆せると考えているようだ。

パウリーニョは、カンプ・ノウで行われた入団会見で「バルセロナで問題なくプレーできると確信している。クラブが僕を獲得するために費やした努力は無駄ではないと証明できるはずだ。バルサは独自のスタイルとDNAを持っているが、僕はここでプレーできる。チームが多くのトロフィーを獲得できるために貢献したいと思っている」と新天地での意気込みを述べた。

また、広州でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含む6つのメジャートロフィーを獲得するなどの活躍を見せたパウリーニョは、中国でプレーしたことが自信の回復につながり、バルセロナ移籍を実現できたと考えているようだ。

同選手は「トッテナムでの2シーズン目は思い通りにいかなかった。しかし中国からのオファーを受け入れ、そこで自信を再びつかことができて、数々のタイトルを獲得できた。僕はバルサに“ノー”とは言えなかった。ここでプレーするという夢が実現したんだ」と移籍が実現した喜びを語っている。

▶リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる