バレンシア、来季の中心はコンドグビア...33億円でインテルから買い取りへ

コメント()
Getty images
マルセリーノ政権で必要不可欠な選手に

バレンシアは、MFジョフレイ・コンドグビアを2018-19シーズンの中心選手にする考えのようだ。

コンドグビアは今夏、インテルからバレンシアに移籍した。コンドグビアを1年レンタルで獲得したバレンシアだが、レンタル終了時に2500万ユーロ(約33億円)で同選手を買い取れるオプションを契約に盛り込んでいる。

バレンシアでは今季、パリ・サンジェルマンからレンタル加入したMFゴンサロ・ゲデスが輝きを放っている。しかしながらマルセリーノ・ガルシア・トラル監督はコンドグビアこそが必要不可欠な選手だと考えており、フランス人MFの残留をクラブに要望しているようだ。

先のヘタフェ戦で敗れて今季初黒星を喫したバレンシアだが、リーガエスパニョーラ第14節終了時点で首位バルセロナ、3位アトレティコ・マドリー、4位レアル・マドリーの間に割って入り、現在2位に位置している。首位バルセロナとは勝ち点5差という状況だ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“王様”ペレ氏がネイマールに再び苦言「ゴールではなく別の方法でアピールするようになった…」
次の記事:
ニューカッスルが“先行発表”も…JFAが武藤嘉紀のアジア杯追加招集を発表!浅野拓磨はケガで2度目の離脱
次の記事:
MVPの家長昭博、支えとなった家族に感謝「頑張って良い背中を見せたい」
次の記事:
PSG生え抜きラビオ、契約更新拒否…SDは怒り「無期限のベンチ行きになる」
次の記事:
CL優勝候補を回避した2位通過のローマ、トッティ氏が期待「昨季と同じ場所へ…」
閉じる