バレンシア、ジエゴ・アウベスのフラメンゴ移籍を発表…リーガ史上最高のPKストッパーが母国へ

コメント()
Getty Images
移籍金は30〜50万ユーロ

バレンシアは16日、ブラジル人GKジエゴ・アウベス(32)のフラメンゴ移籍を発表した。

リーガ史上最高のPKストッパーとして名を馳せるD・アウベスだが、ここ数シーズンにわたって多くの失点を喫してきたバレンシアは同選手を構想外として、その代わりにユヴェントスからGKネトを獲得していた。D・アウベスの年俸350万ユーロ(所得税の負担込み)も、欧州カップ戦に出場しないクラブにとっては大きな負担だったようだ。

広告

バレンシアは移籍金30~50万ユーロで、D・アウベス移籍に関するフラメンゴとの交渉で合意したとみられる。

D・アウベスは2007年にアトレティコ・ミネイロからアルメリアに加わることでリーガでの挑戦を開始し、2011年にバレンシアに加入。リーガでは合計262試合でゴールを守り、48回のPKの内、歴代最多となる22回のストップを達成した。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
閉じる