バレンシア、アーセナルMFコクラン確保に向け移籍金12億円を準備か

コメント()
アーセナルで出場機会を失うコクラン

バレンシアが、アーセナルMFフランシス・コクランに関心を寄せているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

コクランは今季、アーセン・ヴェンゲル監督の下で十分な出場機会を得られていない。アーセナルは今冬の放出を検討しており、同選手を売却候補に挙げているという。

現在リーガエスパニョーラで3位と好調のバレンシアだが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は中盤補強を望んでいる。同クラブは移籍金900万ユーロ(約12億円)を準備してコクラン獲得に乗り出そうとしているとみられる。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「日本のメッシ」堂安律にイタリアからも熱視線「素早い加速に戦意失わせるシュート」
次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
閉じる