バルベルデが求めたラストピース...バルサに加入した“即戦力”パウリーニョ

コメント()
Getty Images
高額な移籍金、中国からの移籍、29歳という年齢...ハンディキャップを覆す

バルセロナMFパウリーニョは、移籍1年目から“即戦力”としてスペインで期待以上の活躍を見せている。

エルネスト・バルベルデ監督は今夏の移籍市場でフィジカルの強い経験豊富な選手の獲得をクラブに要望していた。ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)が選んだのは、広州恒大でプレーしていたパウリーニョだった。

広告

バルセロナはパウリーニョを獲得するため、移籍金4000万ユーロ(約52億円)を広州恒大に支払った。高額な移籍金、中国からの移籍、年齢(29歳)を顧みて、当初地元メディアとファンはこの補強を批判した。だがパウリーニョは自身のパフォーマンスで彼らを黙らせている。

リーガエスパニョーラ第4節ヘタフェ戦(2-1)では、決勝点を記録してチームを勝利に導いた。チャンピオンズリーグ・グループD第3節オリンピアコス戦(3-1)では、パス本数112本のうち、成功数109本、失敗数3本と驚異的な数字を残した。

そして先に行われたリーガ第9節マラガ戦(2-0)では、76分に途中出場する際、ついに本拠地カンプ・ノウの観衆から拍手喝采を浴びた。バルセロナファンがパウリーニョを認めた瞬間だった。ブラジル代表MFは現在のチームに欠かせない選手となったのである。

次の記事:
白熱の上位対決はナポリに軍配!ユーヴェとの差を暫定6に…ラツィオは5位転落/セリエA
次の記事:
リッピ・マジック炸裂!中国が逆転勝利で準々決勝へ…タイは一歩及ばず
次の記事:
マンチェスター・Cが公式戦6連勝! 直近4試合で22ゴール&無失点と絶好調/プレミアリーグ第23節
次の記事:
マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に
次の記事:
コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」
閉じる