バルセロナ、移籍金40億円を準備してアルトゥール獲得で基本合意か

コメント()
2019年1月までグレミオに残留する見込み

バルセロナがグレミオFWアルトゥール・メロ獲得に近づいている。スペインやブラジルの複数メディアが報じた。

バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は19日にアルトゥールの代理人であるホルヘ・メチャド氏と話し合いの場を設けた。その後、ロベルトSDはグレミオ幹部と会合を行い、基本合意にこぎ着けたという。

ブラジル『UOL』によれば、バルセロナは固定額3000万ユーロ(約40億円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)の移籍金を準備している模様だ。バルセロナは2019年1月までアルトゥールをグレミオに残留させ、その後正式加入させるとみられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
監督デビュー控えるアンリ、低迷モナコで気を吐くファルカオを称賛「カリスマ的リーダー」
次の記事:
連敗脱出の名古屋、風間監督「システムありきじゃなくて、選手ありきでやっていきたい」
次の記事:
【動画】名古屋が連敗脱出!ジョー弾で柏に完封勝ち…残留争いはより混戦模様に/J1第30節
次の記事:
元インテルFWミリート氏、均衡したミラノダービーを予想「集中力と根性が必要」
次の記事:
ルヴァン杯決勝の国歌斉唱歌手が水曜日のカンパネラ コムアイに決定!
閉じる