バルセロナ移籍寸前だったX・アロンソ、破談になったのは「ブスケッツが現れたから」

最終更新
コメント()
Getty Images
『エル・パイス』とのインタビューで告白。

バイエルン・ミュンヘンMFシャビ・アロンソがスペイン『エル・パイス』とのインタビューに応じ、2009年にバルセロナに移籍する可能性があったことを明かした。

2009年にリヴァプールからレアル・マドリーに加わったX・アロンソだが、その直前にバルセロナに移籍する可能性があったという。当時のバルセロナ指揮官ジョゼップ・グアルディオラ監督が、獲得を望んでいたとのことだ。

「あの夏、リヴァプールは僕を売却することを望み、ラファ(・ベニテス氏、当時のリヴァプール監督)とペップの間で話し合いがあったんだよ」

しかしながら、バルセロナは結局X・アロンソを獲得しなかった。同選手はその理由を、バイエルンで指導を受けたグアルディオラ監督本人から説明されたという。何よりも大きかったのは、MFセルジ・ブスケッツの台頭であったようだ。

「ペップがドイツで語ってくれたことだけど、彼はラファに対して、自分という選手を好んでいることと、自チームのプレースタイルに合致することを伝えていた。だけど、そこでブスケッツというじつに見事な選手が姿を現したんだ」

「ペップは彼に賭けることにしたが、間違いではなかった。バルセロナにとって、本当に素晴らしい選手となったのだから」

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
途中出場のシャチリが2発!リヴァプールがマンチェスター・Uを撃破/プレミアリーグ第17節
次の記事:
アザール&ペドロ弾のチェルシー、ブライトンに苦戦も逃げ切って連勝/プレミアリーグ第17節
次の記事:
アーセナルの公式戦無敗が22試合でストップ! 吉田麻也フル出場のサウサンプトンが打ち合い制す/プレミアリーグ第17節
次の記事:
日本人対決は植田に軍配…森岡、3試合連続の先発出場もインパクトなく
次の記事:
堂安律フル出場のフローニンゲン、エメンとの残留争い直接対決で痛恨逆転負け
閉じる