バルセロナ、史上2位の移籍金191億円でドルトムントMFデンベレ獲得合意

コメント
バルサはメディカルチェックを控える選手と5年契約を締結する見通しに。契約解除金は516億円に設定。

バルセロナとボルシア・ドルトムントは、フランス代表FWウスマン・デンベレ(20)の移籍で合意に至った。メディカルチェックに通過次第、取引が成立することをドルトムントが25日、発表した。

既に24日に現実味を帯びていたデンベレのバルセロナ行きだが、その翌日にクラブ間の合意が発表。移籍金は1億500万ユーロ(約136億円)、それに加え4300万ユーロ(約55億円)に相当する40%はボーナスとして支払われる可能性がある。

またバルセロナ側の発表によると、選手本人は28日に予定されているメディカルチェックを通過すればバルセロナと5年契約を結ぶ見通しとのこと。バルセロナは契約解除のために必要な違約金を4億ユーロ(約516億円)に設定したとしている。

デンベレの移籍金は、今夏バルセロナからパリ・サンジェルマンへと移籍したブラジル代表FWネイマールの移籍金290億円に次いで歴代2位となった。これにより、2016-17シーズンよりドルトムントに約19億円で加入していたデンベレに付けられた値札は、わずか1年で10倍に跳ね上がっている。また、バルセロナが設定した契約解除料516億円は、リオネル・メッシに設定されている約389億円を上回ることとなった。

なお、バルセロナ移籍を求めてドルトムントの練習を無断欠席し、沈黙を貫いていたデンベレだが、この発表を受けて「バルサ万歳、カタルーニャ万歳」と久しぶりにツイッターに投稿。新天地でのプレーに対し喜びを表わにしている。

今夏ネイマールが突如として移籍して以来難航していたバルサの"後釜探し"だが、この歴史的な巨額移籍でひとまず決着がつきそうだ。

次の記事:
「欧州のクラブから2年契約を提示された」ウサイン・ボルトの代理人がオファーを明かす
次の記事:
スペイン指揮官L・エンリケ、イングランドに敗戦も焦らず「選手を蹴ったり批判はしない」
次の記事:
指揮官からも酷評されるバカヨコが早期放出か…「どうやってボールを奪うかから学ぶ必要がある」
次の記事:
モドリッチが考えるバロンドールにふさわしい選手は?「この1年を考えると…」
次の記事:
「イングランド史上最高の前半」地元記者がスペイン戦勝利に大興奮
閉じる