バルサ、A・トゥランをバシャクシェヒルにレンタル…将来的に中国クラブへの売却を期待

コメント()
年俸はバシャクシェヒルが全額負担

バルセロナは13日、トルコ人MFアルダ・トゥラン(30)がバシャクシェヒルにレンタル移籍することを発表した。

エルネスト・バルベルデ監督率いるチームで、戦力外扱いとなっていたA・トゥラン。バルセロナは800万ユーロという同選手の高額な年俸を負担に感じており、この冬に放出することを目指していた。そうして獲得に名乗りをあげたのは、A・トゥランの母国クラブ、バシャクシェヒルだった。

A・トゥランのバシャクシェヒルへのレンタル期間は、バルセロナの契約期間と同じ2年半。年俸はバシャクシェヒルの全額負担となる。またスペイン『マルカ』によれば、バルセロナは今後の移籍市場で、A・トゥランの売却を一方的に決定できる権利を持ち、中国クラブから獲得オファーが届くことに期待を寄せているとのことだ。

A・トゥランは2015-16シーズンに、移籍金3400万ユーロでアトレティコ・マドリーからバルセロナに加入。2015-16シーズンに25試合、2016-17シーズンに30試合でピッチに立ったが、期待されたような活躍を見せられず、バルベルデ監督が就任した今季の出場数は0となった。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
次の記事:
好スタートで首位走るドルトムント、J・サンチョ「僕らは野心的」
閉じる