バルサ、電撃移籍のネイマールを提訴...ボーナス返還と11億円以上の賠償を求める

Neymar PSG Paris Saint-Germain
Getty Images
バルセロナがブラジル代表FWの契約不履行に対して訴訟を起こすと発表した。

バルセロナは、契約不履行を理由にネイマールに対して法的措置を取る準備を始めたと発表している。

バルセロナが設定していたネイマールの違約金2億2200ユーロ(約290億円)をパリ・サンジェルマンが支払ったことで、今月初めにブラジル代表FWの史上最高額での移籍が完了していた。

しかし、バルセロナは22日、ネイマールに対して最低でも850万ユーロ(約11億円)の支払いを求め、訴えを起こしている。同クラブは公式声明で「バルセロナは、2021年までの新契約にサインした数カ月後に、一方的に契約を破棄したネイマールに対して訴えを起こすことを決めた」と発表。

バルセロナは、昨年10月に2021年までの新契約を結んだネイマールに対して支払ったボーナスの返還、賠償金850万ユーロ及び延滞金としてその10%の支払いを求めている。また、バルセロナは選手サイドが支払いを拒否するようなことがあれば、パリSGに肩代わりを求めるようだ。

一方、フランスデビューからわずか2試合で3ゴールをマークしたネイマールは、国際サッカー連盟(FIFA)に古巣バルセロナにロイヤリティボーナスの支払いを求めて正式に訴求することを考えているようだ。

▶リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる