バルサ、シティやパリSGを抑えて今季欧州で唯一無敗を維持するチームに

コメント()
16勝3分けでリーガエスパニョーラの首位を維持

バルセロナはシーズン前半戦を終え、欧州主要リーグで唯一無敗を維持するチームとなっている。

リーガエスパニョーラで宿敵レアル・マドリー(4位/未消化1試合)に勝ち点19差をつけ、首位を独走しているバルセロナ。19試合16勝3分けと圧倒的な強さを誇っている。

またバルセロナは、公式戦において、29試合で無敗を貫いている。エルネスト・バルベルデ監督は、ジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督がバルセロナ時代に残した記録(28試合)を上回った。

なお、国内リーグとチャンピオンズリーグの試合で、バルセロナはここまで最高の成績を残している。1位バルセロナ(20勝5分け)、2位マンチェスター・シティ(25勝2分け2敗)、3位パリ・サンジェルマン(22勝2分け2敗)、4位リヴァプール(16勝11分け2敗)、5位アトレティコ・マドリー(13勝10分け2敗)が上位を占めている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「日本のメッシ」堂安律にイタリアからも熱視線「素早い加速に戦意失わせるシュート」
次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
閉じる