バルサがC・ロナウドに反論「史上最高の選手はメッシだ」

コメント()
Getty
退団が噂されるマスチェラーノについては「まずクラブの利益が先にある」

バルセロナのスポークスマンを務めるジョゼップ・ビベス氏が、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの「僕は史上最高の選手だ」との発言に反論している。

C・ロナウドはFWリオネル・メッシに並ぶ通算5回目のバロンドール受賞の際に「良いときも悪いときも、僕は史上最高の選手だ」と語っていた。11日に会見に臨んだビベス氏は、この発言に関連して次のように言葉を述べた。

「バロンドールとクリスティアーノ・ロナウドには敬意を表す。私たちは彼のことを、偉大な選手、偉大な競争者と捉えてきた。しかし、ここカンプ・ノウでは、15日おきに史上最高の選手を目にすることができる。メッシだよ」

ビベス氏はまた、この冬の移籍市場でのバルセロナ退団が噂されるMFハビエル・マスチェラーノについても言及している。

「マスチェラーノには敬意を持っている。監督が言ったように、冬の移籍市場が過ぎた後には、チームは弱体化するのではなく、より強くなっていなければならない」

「クラブの利益は、選手も含めた全個人の欲求よりも上に位置していなくてはならない。選手の意見も聞き、考慮には入れるがね」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる