バラック氏がラームを非難…2010年を振り返り「彼の他の一面を知ることになった」

最終更新
コメント()
Getty
ドイツ代表での出来事を振り返ったバラック。主将だったバラックは、ラームがアームバンドを引き継いだ2010年を最後にドイツ代表からは遠ざかった。

元ドイツ代表MFで、バイエルン・ミュンヘンの先輩でもあったミヒャエル・バラック氏が、先日現役を退いたフィリップ・ラームを非難している。ドイツ『シュポルト1 ドッペルパス』が伝えた。

ラームは20日に行われたブンデスリーガ最終節フライブルク戦を最後に、現役を引退した。クラブの殿堂入りを果たした33歳のレジェンドについてバラック氏は「ラームの他の一面を知ることになった」と話し、2010年の出来事を振り返っている。

2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前、ドイツ代表のキャプテンを務めていたバラック氏は直前のガーナ戦で負傷し、本大会欠場を余儀なくされた。そこで、キャプテンとしてチームを引き継いだのがラームで、本大会終了後も「これ(アームバンド)をもう誰にも渡したくない」とのコメントはドイツに小さくない物議を醸した。しかし、その4年後のワールドカップを制したことで論争は静まり、結局バラックも2010年を最後にドイツ代表のユニフォームを着ることはなく、ラームに追い出されたとすら感じているようだ。

「キャプテンを引き継いだ選手が、その後返す必要がないとするのかわからなかった。ただ私にとっては正面攻撃だったね。その出来事から代表に戻ることは一度もなかった。そういうやり方がまかり通ることを『OK』とはしたくないね」

次の記事:
森保ジャパン、アジア杯メンバー選考の意図は?森保監督「新しい日本代表」
次の記事:
日本代表・森保一監督、アジアカップへ強い意気込み「優勝のタイトルを持ち帰る」
次の記事:
最多5度目の優勝へ!日本代表、アジアカップに臨むメンバー発表…中島、堂安らに加え守田も招集
次の記事:
ムバッペ、首位通過に満足げ…ネイマール&カバーニとの関係性にも言及
次の記事:
インテル、「落ち着き」足りずCL敗退…スパレッティ「もたらされたのは混乱」
閉じる