ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

バイエルンCEO、GKノイアーを中盤で起用する可能性がグアルディオラ時代にあったと明かす

12:00 JST 2020/02/05
Manuel Neuer Pep Guardiola FC Bayern Bundesliga 04142015
GKノイアーがかつて中盤で使われる可能性があったと、ルンメニゲ氏が明かしている。このアイデアは“批判の的になる”として実現はしなかったようだ。

ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが本職のGKではなくフィールドプレーヤーとして起用される可能性があったと、バイエルンの幹部が語っている。

往年の名FWであり、バイエルンの元CEOカール・ハインツ・ルンメニゲ氏は、バイエルンが毎月刊行している誌面『51』の中で、2013~2016年までチームを率いたジョゼップ・グアルディオラが、ノイアーを中盤にコンバートするアイデアを真剣に考えていたと明かした。

「ペップはブンデスリーガを制し、そのうちノイアーを中盤で使うことを真剣に考えていた。自分にとってはそれがとても印象深いね」

「確かに私もマヌ(ノイアー)は中盤でできるだろうとは思ったが、これについてはペップを説得したよ。このアイデアを具体化したら、慢心だと批判の的になるとね」

機を見てゴールエリアから大胆に飛び出してボールをさばいたり、ロングフィードで得点機を演出したりするなど、GKとして足技にも定評のあるノイアー。現役時代に名ピボーテだったグアルディオラは、守護神を中盤で使うという驚きのアイデアを持っていたようだ。

ルンメニゲ氏はそう明かした一方で、タイトルを手中にすることが当たり前になりつつある現状へのプレッシャーも口にしている。

「勝利することが当然のように思われることも多々あるが、それを維持することは我々にとって常々大変な仕事になるんだ。実際にバイエルンにとってタイトルを獲得できないシーズンは誰の記憶にも残らない黒歴史のような扱いになる。2011-12シーズン、3つのタイトルをすべて2番手で終え、私達はシャーレやカップを手にするために大きなプレッシャーを受けた。常に栄光を手にすることが求められるようになったんだ」

2012-13シーズンよりブンデスリーガ7連覇を達成しているバイエルン。近年のドイツは”1強”と評されることもあるが、CEOにとっては”常勝”を維持することの苦難もあるようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です