ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

バイエルン、9月以来の黒星…今季リーグ戦2敗目でハインケス復帰後初の敗戦

8:18 JST 2017/11/26
Gladbach Bayern 1117
バイエルンがついに敗れる。2位RBライプツィヒとの勝ち点差は3に。

バイエルン・ミュンヘンが、ユップ・ハインケス監督就任以降初となる黒星を喫している。

バイエルンは25日、ブンデスリーガ第13節でボルシア・メンヒェングラッドバッハと対戦。バイエルンの選手たちは入場時、ミッドウィークのアンデルレヒト戦の負傷で「数カ月の離脱」が発表されたチアゴを励ますメッセージを記されたTシャツを身にまとった。

ハビ・マルティネスをゲームキャプテンとし、4-1-4-1の布陣で臨んだバイエルン。しかし近年、相性の悪いボルシア・パルクでなかなか決定機を創出できず。逆にカウンターからニクラス・ズューレがハンドを犯し、PKを献上。これをトルガン・アザールが決めて、ホームのボルシアMGが先制に成功する。

さらに前半の終了間際には、ラース・シュティンドルがペナルティーエリア内の狭いエリアを突破したクロス。これをマティアス・ギンターが押し込んで、リードは2点に広がる。

反撃に出たいバイエルンは、前半を終える前にフアン・ベルナトに代えてキングスレー・コマン、ハーフタイムにはハメス・ロドリゲスに代えてマルコ・フリードルを投入。何とか状況の打開を試みる。

すると74分にFKのこぼれ球をアルトゥーロ・ビダルがダイレクトでボレー。左足で振り抜いたシュートはゴール右隅に収まり、バイエルンが1点を返す。

しかし、その後の反撃は実らず、1-2で終了。ボルシアMGがバイエルンから金星を挙げている。一方のバイエルンは9月以来の公式戦黒星で、ハインケス監督就任以降では初の敗戦となった。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。