ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

バイエルン指揮官、天王山ドローも一定の満足感…最大のチャンス逃したゴレツカは悔しさ口に

8:26 JST 2020/02/10
Thiago Hansi Flick Bayern Munchen 2020

ブンデスリーガ天王山でドローに終わったバイエルン・ミュンヘンだが、ハンジ・フリック監督は一定の満足感を示している。

首位のバイエルンは9日、ブンデスリーガ第21節で2位RBライプツィヒと対戦。注目の首位攻防戦となったが、両チームともにチャンスを決めきれず、スコアレスドローに終わっている。フリック監督は「結果はフェアなものだ。満足できる」と語り、このように続けた。

「クリーンシートを維持できたし、1ポイントを獲得できたから両チームが喜んでいるだろう。 道のりが長いことはわかっている。まだ13試合がある。これからも、皆が求めているエキサイティングなタイトルレースがあるだろう」

また、最大のチャンスを逃したレオン・ゴレツカもコメント。後半にロベルト・レヴァンドフスキのフリックからGKと1対1のチャンスを迎えたが、グラウンダーのシュートはGKペーテル・グラーチのセーブに遭った。ゴレツカは悔しさを口にしている。

「ゴールを決められなかったし、満足していないよ。チームには申し訳なく思っている。あれはビッグチャンスだったし、通常なら決められた。あれを決めていたら1-0で勝てていたし、決めるべきだった」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です