バイエルンに完敗のドルトムント、ボス監督は失望露わに「理由は説明できない」

コメント()
Getty Images
ホームでバイエルンに完敗を喫したオランダ人指揮官は、敗戦への失望を語った。

4日に行われたブンデスリーガ第11節で、ドルトムントはホームでバイエルン・ミュンヘンと対戦。リーグ戦4試合ぶりの勝利を目指したが、16分に先制点を許すとその後も失点を重ね1-3で屈し、今シーズン初の連敗を喫した。

試合後、ボス監督は「今日のドルトムントはトップチームのようにプレーできなかった。対照的に、前半のバイエルンは明らかに良いプレーを見せていた。我々は距離感が悪く、全ての場面で遅れていた。コンパクトに試合を運びたいと思っていたが、全く機能していなかった。なぜかって?その理由は説明できない」と失望を露にした。

続けて「後半は良くなり、バイエルンと対等に戦えるだけの能力があることを証明できたと思う。しかし、失点により戦術は意味のないものになってしまった。バイエルン相手にあれだけのスペースを与えるなんて、起きてはならない」と後半は盛り返したものの、前半の失点が試合結果に大きく響いたと語っている。

また、「ブンデスリーガは7カ月残っていて、まだまだ先は長い。我々は彼らに追いつけると信じている。チームにその力が十分であることをシーズン序盤に証明したと思う」と開幕当初のプレーができれば、タイトルを獲得できるチャンスがあると選手の奮起を促した。

フル出場したMFゴンサロ・カストロは「(ロベルト・)レヴァンドフスキが決めたゴールのように、バイエルンは非常に力のあるチームだ。僕たちは全てにおいて努力したが、バイエルンはトップチームで、少しのミスでも失点に繋がってしまう」とバイエルンとドルトムントには力の差があったことを認めている。

次の記事:
アラベス、乾貴士を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得か
次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
次の記事:
コウチーニョ獲得へチェルシーがバルセロナに接触…移籍金として140億円を準備か
次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
閉じる