ハル・シティ、プレミア復帰1年で降格...被PK数「13」のリーグ新記録も樹立

コメント()
Getty
パレス戦で被PK数の更新、今季1000ゴール目を献上したハルは、1シーズンでのチャンピオンシップ降格が決定した。

ハル・シティは、14日のクリスタル・パレス戦に敗れ、2部チャンピオンシップへの降格が決定した。

プレミアリーグ第37戦のアウェーで行われたクリスタル・パレスとの一戦に残留を懸けて挑んだハルだったが、ウィルフレッド・ザハやクリスティアン・ベンテケらにゴールを許し、0-4で大敗。昨シーズン、チャンピオンシップ4位に入り、昇格プレーオフを勝ち上がったものの、プレミアリーグ再挑戦はわずか1年で終焉した。

また、0-2で迎えた85分にはマイケル・ドーソンがペナルティエリア内でジェフリー・シュラップを倒し、痛恨のPKを献上。『Opta』によると、これで今シーズン、ハルが与えたPKの数は「13」となり、不名誉なプレミアリーグ新記録を樹立した。さらに、4点目となるパトリック・ファン・アーンホルトの終了間際の得点は、プレミアリーグ2016-17シーズンにおける1000ゴール目を記録している。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる