ハメス、バイエルンに完全移籍の可能性は…ルンメニゲCEOは慎重な姿勢を示す

コメント()
Getty
果たしてバイエルンはハメスの買い取りオプションを行使するのか。

バイエルン・ミュンヘンは、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの買い取りに慎重な姿勢を示している。ハメスは昨夏、レアル・マドリーからバイエルンに移籍。2年間のレンタルで、バイエルン側に買い取りオプションが付けられているが、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOはハメスについて次のように話している。

「(カルロ)アンチェロッティの考えだった。素晴らしいアイデアだったよ。ハメスは非常に成長したからね。とりわけ(ユップ)ハインケスの下で、卓越したテクニック、ファンタスティックなミドルシュートで重要な選手になった」

完全移籍の可能性については、今後焦らずに検討していくと語った。

「書類はある。彼のレンタル期間は2年だ。そして、私が正しく記憶していれば、4200万ユーロ(約55億円)の買い取りオプションがある」

「それは決して少額ではない。ただ、今のマーケットは過度に上昇しているけれどね。落ち着いて様子を見るつもりだ。2018年夏にオプションを行使する必要はないわけだからね」

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
次の記事:
コウチーニョ獲得へチェルシーがバルセロナに接触…移籍金として140億円を準備か
次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
閉じる