ネイマール、イングランド戦スコアレスに「日本より守備的に来ることはわかっていたが…」

コメント
守備的なアプローチでブラジル戦に臨んだイングランド。スコアレスにもネイマールは満足感を示した。

ブラジル代表FWネイマールが、イングランド戦をスコアレスドローで終え、悔しさをにじませた。

ブラジルは14日、国際親善試合でイングランドと対戦。ブラジルがボールを支配しつつ、最後までゴールを割ることができず、試合はスコアレスドローで終了している。ネイマールは「僕らはあらゆることを試みたんじゃないか」と話し、試合を振り返る。

「得点のチャンスはあったし、ボールも多く持てていた。彼らが僕らの前の対戦相手(日本)より守備的に来ることはわかっていた。点は取れなかったが、今日の僕らのプレーには満足している。相手にチャンスをほとんど与えなかったわけだからね」

「チャンスを作ったけど、難しかった。でもこういう形で今年を終えられて満足している」

イングランドはホームのウェンブリー・スタジアムで行われた試合で、ボールを完全にブラジルに明け渡し、ブロック作りに徹した。日本が前半のみで勝負を付けられたことからヒントを得た可能性はあるが、結局イングランドが放ったシュートは4本。ポゼッションは4割を下回り、カウンターも奏功せず、改善の余地があることは間違いないだろう。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
スペイン指揮官L・エンリケ、イングランドに敗戦も焦らず「選手を蹴ったり批判はしない」
次の記事:
指揮官からも酷評されるバカヨコが早期放出か…「どうやってボールを奪うかから学ぶ必要がある」
次の記事:
モドリッチが考えるバロンドールにふさわしい選手は?「この1年を考えると…」
次の記事:
「イングランド史上最高の前半」地元記者がスペイン戦勝利に大興奮
次の記事:
あのイブラヒモヴィッチが「俺よりも勇敢」とお手上げ…「世界最高のチームだ」
閉じる