ネイマールが考える日本とブラジルサッカーの違い「僕らは楽しく幸せになるため」

コメント()
来日中のネイマールがイベントに参加。いくつかの質問に答え、子どもたちとのサッカーに興じた。

来日中のブラジル代表FWネイマールが31日、西川産業株式会社(東京西川)が行った『東京西川 AiR 夢のすいみん学校』と題したスペシャルイベントに参加した。

冒頭でネイマールは睡眠の重要性について問われ、「小さい頃は起きてすぐ遊んだり学校へ行ったり、サッカーをしたり、わんぱくでしたね。そのためにしっかり寝ることは大切でした」と、少年時代の思い出を交えつつ語った。

広告

子どもたちからの代表質問では自身の夢について聞かれ、「ブラジル代表としてワールドカップで優勝すること」と一言。さらに、サッカーをする上で最も大切なことには「トレーニング中のフォーカス(集中力)」と話した。

日本サッカーとブラジルサッカーの違いについても語ったネイマールは「一概に言うことは難しいけど」と前置きしつつ、このように説明している。

「ブラジルはサッカーをスポーツとしてだけでなく、遊びの感覚としてやっている。幸せになるため、楽しくなるためにね。それがブラジルサッカーたる所以なんだ。世界のどこと比べても特殊だよ」

またイベント後半では、ネイマールがボールを持ち、子どもたち複数人と対戦。ボールを奪われるシーンもあったが、華麗なテクニックを見せ、観覧の人々を沸かせた。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる