ナインゴラン、ローマと契約延長「常に望んでいたことを実現できた」

コメント()
Getty Images
長く移籍のうわさが流れていたナインゴラン。契約を延長して残留が決定した。

ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、クラブとの契約を2021年まで延長し、移籍の憶測に終止符を打った。

ナインゴランには昨シーズンまでローマで指揮を執っていたルチアーノ・スパレッティ監督のインテルや、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得を狙っていた。しかし、ローマのジェームズ・パロッタ会長が一週間前に契約延長を明言したとおり、ナインゴランは2020年まであった現行契約を1年延長している。

同選手はクラブの公式サイトを通じて「常に望んでいたことを実現できた。とてもうれしい。クラブと冒険を続けたいと思っていたからね」とコメントした。

ナインゴランは2014年の1月にカリアリから加入。昨シーズンはリーグ戦37試合で11ゴールを挙げ、ローマのスター選手として活躍していた。

▶セリエAのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
次の記事:
クルトワに続き、ナバスも負傷で離脱…大一番セビージャ戦でルカ・ジダンが先発か
次の記事:
またしてもプレミアから中国に流出か…アルナウトビッチの広州恒大行きが浮上
閉じる