ドルトムント、敵地でケルンに先行を許すも3発逆転勝利で開幕2連勝

コメント()
Getty Images
ケルンvsドルトムントの一戦はホームのケルンが前半に先制。だが後半に3ゴールを叩き込んだドルトムントが逆転勝利を収めている。

現地時間23日、ブンデスリーガ第2節ケルンvsドルトムントの一戦が行われた。

この試合で先行したのはホームのケルンだった。29分、セットプレーの流れで右サイドからクロスを放り込むと、ファー側に流れ、最後はドミニク・ドラクスラーが頭で押し込んでケルンが先制。試合はケルンの1点リードでハーフタイムに突入している。

追うドルトムントはアウェーながら高いボール支配率をマークし、ケルンゴールに襲いかかる。ようやく反撃が実ったのは70分だった。ショートコーナーから、ゴール右45度でボールを受けたジェイドン・サンチョが、カットインから左足でネットを揺らし、スコアを1-1の振り出しに戻した。

86分には右サイドを深くえぐったルカシュ・ピシュチェクがクロスを放ち、ファー側に飛び込んだアクラフ・ハキミが頭で合わせてドルトムントが1-2と逆転に成功。

後半アディショナルタイムにはサンチョのお膳立てを受けたパコ・アルカセルがダメ押しゴールを決めて、1-3となり、このまま試合終了。

ドルトムントはこれで開幕2連勝。勝ち点を6に伸ばし、暫定首位に立っている。一方のケルンは開幕2連敗となってしまった。

■ブンデスリーガ第2節
ケルン 1-3 ドルトムント

得点者
ケルン:ドラクスラー(29分)
ドルトムント:サンチョ(70分)、ハキミ(86分)、アルカセル(90分)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる