ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

ドルトムント撃破に満足のクロース、同僚のハンド疑惑に「PKの判定を下せた」

17:27 JST 2017/09/27
Toni Kroos Christian Pulisic Borussia Dortmund Real Madrid UCL 26092017
レアル・マドリーのドイツ代表MFはスコアが動き出す前の場面に言及。

レアル・マドリーは26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のボルシア・ドルトムント戦を3-1で制している。この試合にフル出場したマドリーのMFトニ・クロースはチームのパフォーマンスに満足していることを示しながら、序盤にはPKを取られてもおかしくなかったことを認めている。

問題の場面はスコアレスの14分に訪れた。ドルトムントFWアンドリー・ヤルモレンコによる右からのクロスをファーに駆け上がっていたマキシミリアン・フィリップがゴール前へと折り返すと、GKケイロル・ナバスがそれを弾いている。ボールはゴール前のDFセルヒオ・ラモスの手に当たったが、主審のホイッスルは鳴らなかった。

試合後、「チーム全体がとても良いプレーを見せたと思う。チャンスもたくさんつくり出せたし、何度も突破しているのでね」と勝利を振り返るクロースだが、ラモスが手でボールに触れたシーンについてはこう語っている。

「(主審は)PKの判定を下せただろう。(ラモスの)手があんなところにあってはいけないからね。だが意図的でもないし、ボールはゴールに向かっていなかった」

一方、その場面について主審に抗議したドルトムント側だが、MFヌリ・シャヒンはミックスゾーンで「レアル・マドリーと対戦するのなら絶好調の日が必要だが、僕らはそれがなかったし、運も引き付けられなかった」とコメント。この日のパフォーマンスではマドリー相手に結果を出すのは難しいと肩を落とした。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう