ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ドルトムント、ライバルの取りこぼし活かせず…フライブルクと痛恨ドロー

0:34 JST 2019/10/06
Axel Witsel Dortmund 05102019

ブンデスリーガ第7節が5日に行われ、フライブルクとドルトムントが対戦した。

ミッドウィークにスラヴィア・プラハと対戦したドルトムント。マルコ・ロイスやトルガン・アザール、アクセル・ヴィツェルといった主力が先発した一方で、パコ・アルカセルがベンチスタートに。代わりにマリオ・ゲッツェが入っている。また、ジェイドン・サンチョはベンチスタートとなった。

序盤、ドルトムントはウカシュ・ピシュチェクが負傷するアクシデント。代わりにユリアン・ブラントが投入される。

フライブルクは17分、ルカ・ヴァルトシュミットが完全に裏に抜け出してGKと1対1になるが、シュートは枠を捉えきれず。すると20分、コーナーキックからヴィツェルがボレーシュートを叩き込み、ドルトムントが先制に成功する。

それでも、フライブルクが下を向かず、真っ向から反撃へ。カウンターから最後はヴァルトシュミットが再び左足を振り抜くが、惜しくもゴール左へと外れていく。

前半からのいい流れを継続し、後半へと入ったフライブルク。55分には、華麗なパスワークでドルトムント守備陣を完全に攻略。最後はヴァルトシュミットが今度こそ左足でネットを揺らし、フライブルクが同点に追いつく。

取りこぼしたくないドルトムントはサンチョを投入すると、すぐにスコアが動く。67分、サンチョから受けたハキミが右サイドから切れ込み、そのまま左足でシュート。これがディフレクションもありながら、ゴールへと吸い込まれ、ドルトムントが再度勝ち越しに成功する。ハキミは公式戦2試合連続ゴールとなった。

その後、フライブルクが懸命に同点ゴールを目指すと、ドラマは終盤に待っていた。89分、ヴィンチェンツォ・グリフォのクロスがマヌエル・アカンジに当たってオウンゴール。フライブルクが土壇場で追いついてそのまま試合は終了となった。

首位バイエルンがホッフェンハイムに敗れ、RBライプツィヒもドローとなっていたが、ドルトムントも勝利を逃す結果となった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です