ドルトムント、オーバメヤンの後釜候補はバチュアイ?チェルシーからの獲得に着手か

コメント()
Getty Images
エースの去就が騒がれるドルトムント。前線の補強に動き出すようだ。

ボルシア・ドルトムントは、チェルシーに所属するベルギー代表FWミヒー・バチュアイの獲得に動き出しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

エースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが退団となる可能性が高まっているドルトムント。一部報道ではガボン代表FWがアーセナルに向かうと伝えられている中、クラブはその後釜としてチェルシーで出場機会に恵まれていないバチュアイの獲得に乗り出しているという。

2016年夏にマルセイユからチェルシーに移籍したバチュアイだが、アントニオ・コンテ監督の下ではほとんど先発起用されることなく、今シーズンもリーグ戦での出場は11試合(合計263分)にとどまっている。そのため、ベルギー代表としてのワールドカップ出場を逃さないためにも、セビージャへのレンタル移籍を望んでいた。

しかし『ビルト』によれば、ここに来て2016年にも獲得に動いていたとされるドルトムントがバチュアイの新天地となる可能性が浮上しているとのことだ。オーバメヤンの控えとしてでなければ、ベルギー代表FWはシグナル・イドゥナ・パークへ向かうことになるのだろうか。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
次の記事:
ファーディナンド、ジョルジーニョを糾弾 「走れない」「守備できない」「アシストできない」
次の記事:
モウリーニョが古巣のマンチェスター・Uに恨み節?「ペップやクロップにはサポートがあったが…」
次の記事:
ホームで強いアーセナル…チェルシー撃破にエメリもご満悦「このメンタリティをアウェイ戦でも」
閉じる