ドルトムントのバルトラ、リーガ復帰が決定!ベティスと2023年まで契約

Marc Bartra Borussia Dortmund Werder Bremen
Getty
ペーター・シュテーガー政権で出番を失っていたバルトラが、出場機会を求めてレアル・ベティスに移籍することが決定した。

ドルトムントDFマルク・バルトラがレアル・ベティスへ完全移籍で加入することが決定した。契約は2023年までとなる。

現在27歳のバルトラは、バルセロナの育成組織出身で、2010年にトップチームデビューを果たし、チャンピオンズリーグやリーガ優勝を経験した。2013年からはスペイン代表にも選出されたが、出場機会を求めて2016年6月にドルトムントへ加入。今シーズンは、序盤こそ主力として活躍するも、ピーター・ボスに変わってペーター・シュテーガー監督が就任すると、徐々に出場機会を失っていった。

移籍先のベティスはリーグ21試合を終えて13位だが、ヨーロッパリーグ出場権までの勝ち点差はわずか6と上位進出の可能性がある。バルトラ加入にあたりベティスは「空中戦、スピード、パワー、そして豊富な経験を持つ選手とサインできた」とスペイン人DFとの契約を喜んだ。

各年代別の代表に名を連ね、スペイン代表としても13試合に出場しているバルトラ。約1年半ぶりに復帰した母国の地で再びトップフォームを取り戻すことができるだろうか。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる