ドルトムントで出場機会激減のバルトラ、ベティスに移籍か…買い取り義務付きのレンタルで

コメント()
Getty
出場機会を求めるスペイン代表DF。1年半ぶりのスペイン復帰が決定的に。

ボルシア・ドルトムントに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラは、間もなくベティスに加入することになりそうだ。スペイン『マルカ』『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

2016年夏にバルセロナから加わり、ドルトムントではこれまで公式戦51試合に出場したバルトラだが、直近のリーグ戦5試合では出番がなく、後半戦に入ってからはベンチメンバーにも含まれていなかった。またクラブはこの1月にDFマヌエル・アカンジと新たなセンターバックを獲得しており、バルトラの去就が騒がれていた。

そんな状況に置かれたバルトラだが、スペインに戻ることになるようだ。報道によれば、同選手は今シーズン終了まで、買い取り義務付きのレンタルでベティスに移籍するという。また選手側はベティスとその後4年契約を結ぶことで合意に至ったと報じられている。

ドルトムントは先日、DFネヴェン・スボティッチをサンテティエンヌへと放出。最終ラインの戦力整理を進める中で、もう1人のCBを手放すことが決定的となっている。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる