ドイツ代表MFブラント、去就決定は「今季終了後」…今夏には30億円で移籍可能か

コメント()

レヴァークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラントが、自身の去就について言及している。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

ブラントはレヴァークーゼンとの契約が2021年で満了。今夏での移籍に必要な額は2500万ユーロ(約31億3000万円)と比較的安価となっている。そのため、リヴァプールやバイエルン・ミュンヘンといった国内外のビッグクラブが22歳の才能に目を光らせるが、本人はシーズン終了まではクラブでのプレーに集中する意思を見せる。

「5月18日の最終節までは何もないし、決断もしない。そのトピックについてはオープンだ。ただ残りのシーズンは僕にとってとても重要なものなんだ」

「自分自身については考えるけど、シーズン中ではない。どうするかは僕のこれからのパフォーマンスにもかかっている」

現在はリーグ戦3連敗中と、調子を落としているだけに、ブラントは「傷ついている」とも明かす。しかし、目標とするヨーロッパリーグ出場権獲得へ向け、「最低限の目標はすでに達成できる位置にいる」と意気込んだ。レヴァークーゼンは欧州カップ戦出場圏内の6位ヴォルフスブルクとは勝ち点3差となっている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる