ドイツ代表GKノイアー、シーズン後半戦の復帰を明言…昨年9月から離脱

コメント()
Getty Images

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、自身のケガの状況について語っている。クラブの公式チャンネル『バイエルンTV』が伝えた。

ノイアーは昨年9月に左足を再負傷し、手術。以来戦線を離脱しており、長期の欠場が続いている。しかし、復帰への道を順調に歩んでいるようで、「状態は良いし、脚の調子も良いよ。痛みはもうない」と明かしている。

さらに、「リーグ後半戦ではプレーする自信がある」と、シーズン中の復帰を示唆。バイエルンにとって朗報となった。

また、自身に代わってゴールマウスに立ち続けているGKスヴェン・ウルライヒにも言及。「ウルライヒはとてもいいキーパーだし、彼の活躍は嬉しいよ。バイエルンで実力を証明しているし、それはチームにとってもいいことだ」と前向きに話す。

6月に控えるロシア・ワールドカップへ向け、失われた時間を取り戻す必要のあるノイアー。ハイレベルな守護神争いが繰り広げられるドイツだけに、復帰から即好パフォーマンスが必要とされそうだ。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる