ドイツ代表、24名招集でうち17人がコンフェデ杯優勝メンバーに…負傷明けノイアーは招集されず

コメント()
Buda Mendes
W杯欧州予選グループCで首位を快走中のドイツ代表。チェコとノルウェーと対戦。

ドイツサッカー連盟(DFB)は25日、ワールドカップ欧州予選での2連戦に臨むメンバー24名を発表。ヨアヒム・レーブ監督は今夏にコンフェデレーションズカップを制覇したメンバー17名を招集した。

グループCでの6試合を全勝、得失点は27ー1と圧倒的な強さを見せるドイツ。9月1日のチェコ戦(アウェー)、続く4日のノルウェー戦(ホーム)に向けて「我々は可能な限り早くワールドカップ出場権を手にしたい。そのためこの2試合にあたって我々の目標はいずれも勝利すること」と意気込むレーブ監督は、若手主体のコンフェデ杯優勝チームから数多くの選手たちを選出した。

そして、今回の2試合にはさらに同大会では温存されていたマッツ・フンメルスやトニ・クロース、メスト・エジルやトーマス・ミュラーを加えた。一方、主将を務めるGKマヌエル・ノイアーについては「バイエルンでゆっくりと出場時間を重ねていくように、と話し合った」と負傷明けのため、招集を見送った決断を説明している。

ドイツ代表招集メンバー24名は以下のとおり。

GK
ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

DF
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
ヨナス・ヘクトル(ケルン)
ベンヤミン・ヘンリヒス(レヴァークーゼン)
フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー)
ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)

MF/FW
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
エムレ・カン(リヴァプール)
ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
セルジュ・ニャブリ(ホッフェンハイム)
マリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
サミ・ケディラ(ユヴェントス)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
メスト・エジル(アーセナル)
セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
ラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
アミン・ユネス(アヤックス)

(※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

▶︎ワールドカップ欧州予選のライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる