ドイツ代表を兄に持つラニ・ケディラ、チュニジア代表入りを拒否「フェアじゃない」

最終更新
コメント()
Getty Images
チュニジア人の父を持つ24歳は、チュニジア代表としてのロシア・ワールドカップ出場を断ったことを明かした。

アウグスブルクMFラニ・ケディラが、今夏に行われるロシア・ワールドカップでチュニジア代表としてプレーする機会を拒否したようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

ドイツ代表で主力を務めるユヴェントスMFサミ・ケディラを兄に持つシュトゥットガルト出身の24歳は、ドイツ人の母とチュニジア人の父を持つ。RBライプツィヒやシュトゥットガルトでのプレー経験のあるケディラは、ユースの各年代でドイツ代表として選出されていたが、フル代表には選出されていない。

ケディラはチュニジアサッカー協会からのオファーに感謝を示しつつも、オファーを固辞することを表明した。

「チュニジアサッカー協会からのオファーを光栄に思う。でも僕はドイツで生まれ育ち、ドイツ語しか話せない。僕のプレースタイルにとってコミュニケーションは重要だから、彼らの力にはなれないと思うんだ。そして、ワールドカップ出場のためにこの2年間頑張ってきた選手たちのポジションを奪うのはフェアじゃないしね」

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
宇佐美貴史がCKから2ゴールを演出!4試合ぶり白星に大きく貢献
次の記事:
浅野&原口先発のハノーファー、バイエルンに手も足も出ず…4失点完敗
次の記事:
鹿島MF永木亮太、強気の姿勢でレアル・マドリー戦へ「優勝を目指しているので絶対勝ちたい」
次の記事:
鹿島の大岩監督、レアル・マドリー撃破へ意気込む「リベンジ。応援を力に変えてマドリーに立ち向かう」
次の記事:
2年越しのリベンジなるか?鹿島、準決勝でレアル・マドリーと激突!16年決勝では延長の死闘
閉じる