ニュース ライブスコア
親善試合

ドイツ代表が招集メンバーを発表…レーブ監督はアルゼンチン戦ではテア・シュテーゲンを起用

20:16 JST 2019/10/04
20190909_Germany
親善試合ではバルセロナGKがスタート。

ドイツサッカー連盟(DFB)は4日、9日の国際親善試合のアルゼンチン戦、13日のユーロ2020予選・グループC第6節エストニア戦に向けた招集メンバー21名を発表した。

9月のインターナショナルウィークではオランダに2-4で敗れながらも北アイルランドには2-0での勝利を収めてグループCの首位に浮上したドイツ。ヨアヒム・レーブ監督は今回の代表戦に向けて、レヴァークーゼンのMFナディエム・アミリを初めて招集している。

また、“正守護神問題”が騒がれるドイツだが、レーブ監督はアルゼンチン戦ではマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンの起用を明言。「この2試合に向けて、(GKコーチの)アンディ・ケプケと協議し、マルクをドルトムントでの試合(アルゼンチン戦)で、マヌ(ノイアー)をタリンでの試合(エストニア戦)で起用する決断を下した」と明かしている。

ドイツ代表招集メンバー21名は以下のとおり。

GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・レノ(アーセナル)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)

DF
ヨナス・ヘクトル(ケルン)
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
ジョナサン・ター(レヴァークーゼン)
ルーカス・クロスターマン(RBライプツィヒ)
ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
マルセル・ハルステンベルク(RBライプツィヒ)
ニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)

MF/FW
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
カイ・ハヴェルツ(レヴァークーゼン)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
ユリアン・ブラント(ボルシア・ドルトムント)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)
ナディエム・アミリ(レヴァークーゼン)
ルカ・ワルトシュミット(フライブルク)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
エムレ・ジャン(ユヴェントス)

(※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です