トーレス、バルサやマンチェスター・Uへの移籍報道が過熱するグリエズマンに「残留してほしい」

コメント()
Getty Images
元スペイン代表FWは、フランス代表FWがアトレティコ・マドリーでプレーを続けることを懇願した。

アトレティコ・マドリーのフェルナンド・トーレスは、今冬での移籍が噂されるアントワーヌ・グリエズマンの残留を願った。

先日からグリエズマンの獲得に向けてバルセロナが動き出していると報じられており、今夏に同選手との契約に近づいていたものの、最終的に移籍は破談したマンチェスター・ユナイテッドも1月に再び獲得に再挑戦すると考えられている。

グリエズマンの移籍報道を受け、トーレスはスペイン『ラジオ・マルカ』で「アトレティコはワールドクラスの選手と契約できるし、彼らを留めておくこともできる。グリエズマンは今もクラブの一員で、もちろん僕たちは彼の残留を望んでいる。でも、将来やこの先に彼が何をしたいかは彼に聞いてみないと分からない」と2022年までクラブとの契約を残すフランス代表ストライカーが今後もクラブでプレーを続けることを希望した。

また、元スペイン代表FWは自身の将来について「これからもずっとここにいたい。契約はまだ半年間残っているが、(延長は)自分自身では決められない」とシーズン終了後の去就については未定だと話している。

レアル・マドリー対バルセロナ 今なら「1750円→0円」の1ヶ月間無料トライアル実施中

Clasico_Xmas

閉じる