トリノ、ACミランからニアンを獲得...ミハイロビッチと再タッグ結成へ

コメント()
Getty Images
今冬ワトフォードでプレーしたフランス人FWは、恩師が指揮するトリノでプレーすることが決定した。

トリノは、ACミランからFWエムバイェ・ニアンを買取義務付きのローン移籍で獲得している。

2012年にカーンからミランに加入したニアンは、今冬ワトフォードにローンで加入。しかし、イングランドで2ゴールのみと期待通りの活躍は見せられず、今夏恩師のシニシャ・ミハイロビッチが率いるトリノに移籍することが決定した。

ニアンは、クラブの公式ウェブサイトで「トリノの選手になれて幸せだ。僕の望んでいたことは叶った。この移籍を実現してくれたすべての人に感謝している。全ての人からの信頼を感じたからここに加入したいと思っていた」と移籍を決めた経緯を説明。

続けて「僕はミハイロビッチと良い関係性を保っている。彼とともにリーグ戦とカップ戦で良い戦いができると思う。できる限り高い目標をもってプレーしたい」と新天地での活躍を誓った。

またトリノは、アルゼンチン人ストライカーのマキシ・ロペスのウディネーゼ移籍も発表している。

次の記事:
アジア杯準々決勝進出国が決定!優勝候補の日本、イラン、韓国、豪州が揃って8強へ
次の記事:
“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ
次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
閉じる