ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

トッテナム不調の原因はバイエルン戦の7失点大敗?指揮官「自信は地に落ちてしまった」

7:11 JST 2019/10/20
2019-10-19 Mauricio Pochettino

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、バイエルン・ミュンヘン戦の大敗が依然としてチームに影響を与えていると認めた。

19日に行われたプレミアリーグ第9節で、トッテナムはホームでワトフォードと対戦。シーズン序盤を苦しむチーム同士の一戦は、開始早々にワトフォードが先制点を奪うも、試合終了間際にデレ・アリが同点ゴールを挙げて1-1のドローに終わった。

現在リーグ戦7位で、全公式戦で3試合連続勝利なしと、中々調子が上向かないトッテナム。ポチェッティーノ監督は、「パフォーマンスが良くなかった。あのように序盤に失点すると、試合はとても難しくなる」と話しつつも、チームが失った自信を少しずつ取り戻している最中であると主張した。

「雰囲気もプレーするに好ましいものではなかったし、ベストの状態ではなかった。現役時代にこのような時期を過ごしたことがあるが、簡単な状況ではない。この5年間で(チャンピオンズリーグのバイエルン戦で)2-7で敗れるような打撃を受けたのはこれが初めてで、我々にとっても選手たちにとっても今までにないことだった。我々の自信は地に落ちてしまったが、(アリの)ゴールは自信を取り戻す最初のステップになったと感じている」

ホームで行われたバイエルン戦大敗のダメージを依然として払拭しきれていないと語ったポチェッティーノ監督。22日のチャンピオンズリーグ、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦を挟み、27日には首位リヴァプールと激突する。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です