デ・ロッシが明かすアップ拒否の真相…祖国イタリアを思った利他的な言動だった

コメント()
最後までイタリア代表を思い、for the teamを体現したデ・ロッシ。

イタリア代表からの引退を表明したローマMFダニエレ・デ・ロッシが、“交代拒否”の真相を『RAIスポーツ』のインタビューで語っている。

イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでスウェーデンと対戦。敵地での初戦を0-1で落としていただけに、勝利が最低条件となっていたが、サンシーロでイタリアはゴールを割れず。スコアレスドローで終了し、イタリアはロシア行きを逃した。

デ・ロッシは初戦で先発出場しながら、第2戦はベンチスタート。試合の終盤にはスタッフに交代のためウォームアップを命じられ「なぜ俺なんだ!? 引き分けは必要ない。勝利が必要だろう!」と守備的なポジションでプレーすることの多い自らの出場準備を拒否している。

また、隣にいたアタッカー、ロレンツォ・インシーニェを指差し、交代を求めたデ・ロッシは、この“騒動”の詳細を説明している。

「俺は勝利が必要なのだから、ストライカーをアップさせるべきと言っただけ。だからインシーニェを指差したんだ。俺(と監督)の問題ではなく戦術的な話だよ。腹を立ててしまったことは申し訳ない。でもそのときは俺よりもインシーニェのほうがいいと思ったんだ」

結果的にデ・ロッシの最後の試合となったスウェーデン戦。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督との騒動が問題となってしまったものの、デ・ロッシの祖国を思う利他的な言動を責める者はいないだろう。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
リヴァプール、サラー2発などで首位堅持…C・パレスとの計7発の打ち合いを制す/プレミアリーグ第23節
次の記事:
ベルナベウの驚異的な後押しからカセミロ&モドリッチ弾炸裂…レアル・マドリー、強敵セビージャ下して3位浮上!
次の記事:
ラッシュフォード4戦連続弾のマンチェスター・U、監督交代から公式戦7連勝! ポグバは直近5戦5発/プレミアリーグ第23節
次の記事:
デュッセルドルフ、敵地で貴重な勝ち点3…宇佐美と交代のFWが決勝点
次の記事:
長谷部フル出場のフランクフルト、魅惑のトリオが揃い踏みで後半戦3発白星スタート
閉じる