「デアクラシカーは特別な試合」プリシッチがバイエルン撃破に意気込む

コメント()
Getty Images
ドルトムントのプリシッチが、バイエルンとの大一番に向けて意気込みを語っている。

現地時間4日に行われるブンデスリーガ第11節ドルトムントvsバイエルンを前に、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが意気込みを示した。

プリシッチは『ブンデスリーガ』公式メディアを通して、「シーズンを通して好調を維持するのは難しい。今はちょうど厳しい時期に突入しているが、僕らはチームを信じている。簡単ではないが、結果を残せるはずだ」と語っている。

「デアクラシカー(ドイツダービー)は間違いなく特別な試合だし、僕らのモチベーションもいつもと違う。やっぱりバイエルンを倒すことが、僕らにとってはスペシャルな出来事になるからね。きっといい結果が待っていると信じている」

シーズン序盤から首位を快走していたドルトムントだったが、ここ数試合は勝ち点を取りこぼし、順位を2位に落とした。その一方、カルロ・アンチェロッティ監督を更迭したバイエルンは勢いを取り戻し、第10節のライプツィヒ撃破とともに首位に立っている。

ドルトムントは10月、ブンデスリーガ、チャンピオンズリーグの両コンペティションで勝利を収めることができず、低迷している状況にある(リーグ戦1分け2敗、CL2分け)。

勝ち点20の2位ドルトムントは、首位バイエルンをホームで下せば勝ち点23で並び、得失点差で逆転して首位に浮上する。果たして伝統の一戦“デアクラシカー”で王者を下すことができるのか、今季のマイスターシャーレの行方を大きく左右する一戦だけに、大いに注目を集めることになりそうだ。

次の記事:
フラム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃
次の記事:
吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」
次の記事:
直近4試合ベンチ外も…エメリ、エジル退団を否定。チェルシーとの大一番での起用も示唆
次の記事:
PSGとチェルシーが24歳のアルゼンチン代表争奪レースへ…ともに中盤の人員足りず
次の記事:
ルーニー、ポグバの完全復活は「監督と良い関係ができたから。モウリーニョの時は…」
閉じる