テベスのボカ復帰が間近に迫る…年俸50億での中国リーグ挑戦は1年で終了へ

2017-09-22-tevez.jpg
Getty Images
中国リーグで巨額のサラリーを受け取っているテベスだが、ここまで本領を発揮できていない。契約満了までまだ時間はあるが、ボカへの復帰が間近に迫っているようだ。

2017年1月、中国リーグの上海申花に入団した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、古巣ボカ・ジュニアースへの復帰が間近に迫っているようだ。

ボカの幹部オラシオ・パオリーニ氏は『Tyco Sports』に対して「もうすぐテベスの復帰が決まるだろう」と言及。

「テベスは我々と相思相愛にあり、実際に仲良くさせてもらっている。住居も近くに住んでいて、先日は一緒にバーベキューもしたよ。移籍の問題は楽観視していて、もうすぐ解決する」

テベスは中国リーグに新天地を求めたものの、リーグ戦では16試合4ゴールと本領を発揮できず。クラブ関係者からは「明らかにウェイトオーバーだ」と、コンディションが万全から程遠いため、批判の対象となっていた。

テベスは上海申花で年間約50億円もの巨額のサラリーを受け取っていると報じられている。契約は2018年12月まで残しているが、2017年限りの退団が有力となっており、ボカへの復帰は時間の問題のようだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる