チェンバレンが加入後リーグ戦初ゴール!リヴァプールが4発快勝/プレミアリーグ第11節

コメント()
Shaun Botterill
リヴァプールが敵地で4ゴールを挙げて勝利した。

イングランド・プレミアリーグは4日に第11節の試合が行われ、リヴァプールは4-1でウェストハムに快勝した。

公式戦2連勝で敵地「ロンドン・スタジアム」に乗り込んだリヴァプール。開始早々にポストを叩くシュートを許して冷や汗をかくも、21分にカウンターからサラーが先制点を奪う。

すると24分に相手のミスからマティプが追加点を挙げると、56分にはチェンバレンが加入後リーグ戦初ゴールを記録。さらに75分にサラーが自身2点目を挙げるなど、4ゴールで快勝を収めた。

この勝利で、リヴァプールは勝ち点19で暫定6位に。ウェストハムは17位と低迷しており、他試合の結果次第では降格圏に転落する可能性もある。スラベン・ビリッチ監督の進退も騒がれており、苦しい時期を過ごしている。

次の記事:
フラム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃
次の記事:
吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」
次の記事:
直近4試合ベンチ外も…エメリ、エジル退団を否定。チェルシーとの大一番での起用も示唆
次の記事:
PSGとチェルシーが24歳のアルゼンチン代表争奪レースへ…ともに中盤の人員足りず
次の記事:
ルーニー、ポグバの完全復活は「監督と良い関係ができたから。モウリーニョの時は…」
閉じる